--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.10.24

トッポギとナムプリックパオ

トルコネタちょっと飽きちゃった…

アジア食材が気になるこのごろ。
かといってあんまり馴染みのないものはウケが悪い(私しか食べない)ので
あまりどぎつくないのを捜索中。

これはたれ付のトッポギです。
超簡単。



肉と野菜をいためて
味付けは付属のたれ。
具を炒めている間にトッポギをゆでて
トッポギが浮いてきたら水を切って具のフライパンに投入。
炒めながら味を馴染ませて完了。

しかし トッポギの量の割には高い。
4人で食べたら一人3本くらいしか渡らない。

なのでぴょんぴょん舎でトッポギだけ入っているパックと
トッポギのたれ(別売り)を買いました。
これでたくさん食べられる。



これはずっと欲しかった
トムヤムクンペースト。

お店では小さい瓶しか見たことなくて
これも通販かと諦めていたところに発見。

すっぱあまからいです。
これをお湯で溶くとトムヤムクンが出来る という。

でももっぱら炒め物に使ってます。
普段オイスターソースを使う炒め物の味付けを
これに変えるだけ。

平松洋子さんの本では これをバゲットに塗って焼いていました。
美味しそう。
コチュジャンと同じように使っています。
開けたら冷蔵庫へ。


Posted at 16:35 | AM同盟 | COM(0) | TB(0) |
2010.10.22

オリーブ石鹸


ものすごく順不同です、トルコ旅行報告。

これはオリーブのお店で購入。
このお店はちょっとお高級でした。

ドルを使いたかったのでちょうど良かったけれど
お土産などを含めて60ドルくらい使いました。

こっちは職場土産。ここに至るまで気づかなかった。


6個入りで いざ配ろうと思ってビニール破ったら
すっごいオリーブの香り!!であわててラップしました。
部屋中オリーブ臭がする。

最初の写真の小さいボトル、ヘアーコンディショナーなんですが
実はもっと大きいボトルもあって買ったんです。

ボディミルクだと思って!!

同じ棚にポンプ式のテスターがあって
手に塗って「しっとりするー」とかやってた。
もしかしてそれシャンプーだったんだろうか。

ちなみにちゃんと英語で書いてあったんですよ。
だからきちんと読めばすぐに分かったんですよね。
まったく…
すごく楽しみにしてたのに ろくに使えん。

買い物はほとんど失敗なしでしたが
ちょいちょいつまづくときもある。
Posted at 17:59 | AM同盟 | COM(0) | TB(0) |
2010.10.20

唐辛子とスープ

ご飯を食べるお店には
ほとんどの場所に塩と胡椒が置いてありました。

塩味の文化だぜ と聞いていたので
全体的に濃い味を想像していましたが あまり濃くない というか薄い。
東北人には薄く感じるのか。

なのでテーブル備え付けの塩には助けられました。

塩と共に これは!と思ったのが唐辛子。
日本で言うなら一味。唐辛子オンリー(粗挽き)。



唐辛子の辛味ってなんて最強なんだろう。
薄くてだるいスープもとても美味しく感じる。

なのでスーパーで見つけた時は即カートへ。
この粒の大きさが独特かなー
一粒が青海苔くらいの大きさです。
壺みたいなのに入れておきたい。

あまりびりびりする辛さではありません。



これはよく分からん。
今度の土日にでも食べてみようかと思っています。
クノールのインスタントスープ。

トルコのスープは
豆の裏ごしスープに豆 とか
豆の裏ごしスープに豆とパスタ とか とにかく豆豆しい。
と話したら 日本も味噌スープに豆腐や油揚げだよねと言われた。
確かにそのとおり。

たぶんそんなにおかしい味じゃないと思うけど…


 

Posted at 17:08 | AM同盟 | COM(0) | TB(0) |
2010.10.20

スーパーで買ったもの

ろくにみやげ物の買い物もせず
じゃあどこで一番金を使ったかといいますと

ホテルのすぐ向かいにあったスーパー。

スーパーといっても
ショッピングセンターに入っているところです。

入り口には警備員がいて
金属探知機を抜けての入店なんですが

オープンしているのに
店の中央に重機。床掘ってる。

フードコートのお店の隣で壁作ってる。

かと言ってバリケードがあるわけでなし。

ここ店内だよね?ってくらい自由でした。
出来たお店からオープンしていいよー って感じなのか。

スーパーは完全に出来上がっていたので
そこでは安全に楽しめました。

チャイの葉っぱも 砂糖も塩も 全部ここで購入。
イスタンブールに着いた日と翌日も行きました。

多分そんなに安いお店ではないと思われました。
でも快適だし 値切るとか面倒なこともないし。



これはシャーペン。色がいいなと思って。
でもメイドインフランス。 ちっ



大きい袋が たぶん ダシ。
コンソメとか たぶん そういうもの だと 思う。
炒め物とかに使ってみたい。 まだ使ってません。

隣の瓶は塩。
塩はあまり種類がありませんでした。
ほとんど減塩モノ。
これは粒の大きい塩です。胡椒のようにがりがりと挽いて使います。
すごく細かくなって サラダとかによさそう。
美味しいです。

Posted at 16:48 | AM同盟 | COM(0) | TB(0) |
2010.10.19

メヴラーナのしおり

メヴラーナってなにや。

メヴラーナは 宗教です。

すっごく詳しいわけではないので
間違ってたらごめんなさい。

正しくはメヴレヴィー教団と言います。
イスラム教のイスラム神秘主義の教団のうちのひとつ。

中心地はコンヤ。
メヴレヴィー教団の本拠地です。
昔はかなりメジャーな団体だったようですが
アタテュルクの政教分離政策により解散させられました。

ガイドさん曰く
アタテュルクは政策として解散させたけれども
メヴレヴィー教団(の創始者)を尊敬していたので
教団施設を博物館として残した とのこと。

ジャラール・ウッディーン・ルーミーを調べると
もっとよく分かるかも。

私の中では
トルコといえばメヴラーナとカッパドキア。
旋回舞踊?見たい…

白いワンピースのようなものを着て
くるくる回るアレです。

両手は上に向けたほうが天を表し
下に向けたほうが地を表すそう。
そして特徴的な帽子は「墓標」を表すそうです。

メヴラーナ博物館にたくさんのお墓がありました。
トルコでテンション上がった場所ベスト3の一つ。




とりあえず何か買わなきゃ!
と思って買ったしおり。多分100円もしないと思う。

動画載せようと思ったんですが
なんかうまくいかん。あとで。

Mevlana Festival in KONYA(Turkey)


できた。
これが多分一番分かりやすい と思う。短いし。


Posted at 21:48 | AM同盟 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。