--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.01.08

皆川博子 蝶


思ったより重い本でした。
もっと下世話な想像をしていたのに…

皆川博子 蝶 文春文庫

実は全然違うものを探していて知った作家です。
探していたのは「仮名手本忠臣蔵」という絵本。
岡田嘉夫さんの絵に惹かれて検索していたところ
皆川さんの本の装丁もしているのを知り
評判がいいので ならば読んでみようと。

この本は薄いんですが
かなり時間がかかりました。

どんな本かは皆さんがいい感想を書いていますので
アマゾンの書評をどうぞ。

時代が好きです。
雰囲気は昭和というより明治っぽいんですけど
なんとなくモダンなところもある。

短編集なので 読みやすさはあります。
初めてにはとても良かったのでは。

河野多恵子みたく
どこからが罠だったのだ?!と思うことはありません。
きれいにまとまっています。

薄いからといって片手間に読むと後悔しますので
じっくり腰をすえることをオススメします。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://redbloodrapunzel.blog.fc2.com/tb.php/995-35582019
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。