--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.06.21

忘れえぬロシア行ってきた


行ってきましたー!!
「国立トレチャコフ美術館展 忘れえぬロシア」

ざっとした感想を述べれば リアル。

これ他には東京とかで開かれたんですよね。
東京の人にはピンと来なかったのでは。

雪の感じや空の色なんか 岩手と同じやー!!

その薄紫ピンクの空、見たことある・・・

こんな世界を共有するのはなんか悔しいですが
全体的に写実的なので分かりやすい。

見たかった「忘れえぬ女」は思ったより小さくて
光の加減とガラスの反射で見えにくかったです。

しかし衣服の艶や毛皮の雰囲気は
印刷では分からない。やはり本物はすごい。
絵全体からオカネの香りを感じたのはなぜかしら・・・

他の絵とは肌の感じが全然違う。
するっとした美しいお肌にうっすら桃色の頬。
迫力あるなあ。

この絵だけ確かに突出している印象はぬぐえませんが
雪の風景画や肖像画も面白かったですし
人々の生活風景(皮肉たっぷり)の絵も良かった。

次に来る琳派・若冲の展覧会のチラシも出来ていました。
でも水飴・附子が来るかはまだ分からないんだそうな。
一度くらい食べてみたい。3,150円は高いけど。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://redbloodrapunzel.blog.fc2.com/tb.php/912-f8eb7241
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。