--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.05.15

文人暴食


つい買ってしまった。ほんとに つい。
前作「文人悪食」がすごく面白かったので
機会があったらこれも読みたいと思ってました。
そう 機会はつくるものよね・・・

明治から昭和にかけて活躍した文豪の食に対する姿勢を書いたもの。
これがまた捻くれてるんだか素直すぎるんだか
にやっとする事実が分かるんです。

前作のほうがかなりメジャー?な人たちだったかな。
今回はマイナーと言ったら失礼ですが
代表作は知っていても作者の名前が出てきません!ってな方達。
私が無知なだけかも知れませんが・・・

読み進めると
文豪たちのつながりも見えてくる。
この人とこの人の奥さんが!とか この2人は仲良しとか
人間関係も分かって面白いことこの上なし。

「文人悪食」から読むことをオススメします。
前作の方が分かりやすいです。
個人的には尾崎放哉が載ってたので「〜暴食」も好きですが。
「〜悪食」には中原中也が載っていて
あまりにも理想どおりだったので一人でわくわくしました。
やっぱりこうでないとね!

文人暴食 嵐山光三郎 新潮文庫
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://redbloodrapunzel.blog.fc2.com/tb.php/890-11d4903e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。