--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.04.20

ないって・・・


どういうことだよ!?

出口出てから泣き崩れそうだったよ!

いやいや良かったよ?すごく素敵でしたよ?
でも なんで無いんだー!!


客寄せパンダならぬ客寄せ象だったはず
あーあーあーもー28日からって どゆこと?!

入れ替えがありますってしか書いてないじゃない!!
このチケットの下のほうにちっさく書いてあるけど
買ってからじゃ遅いんじゃー!!

もう!!展示期間の間にまた絶対行くからな!!

何を喚いているかというと
一番見たかった伊藤若冲の「樹花鳥獣図屏風 右隻部分」がなかった。
このチケットの下部分の象さんですよ。

入り口からどきどきわくわくしてたのに
なんか申し訳程度に「白象群獣図」があって…
蘇る風神雷神の悪夢。

確かにね よく調べなかった私も悪いですよ
いいよまた行くから 半券持って。


もうひとつの目玉?である猫のような虎(チケットの上にいる)も見れたし、
四つ目の虎は来てなかったけど神気を吐く亀は見れたし
すごく面白かったです。

日本の絵にはない自由さがすごい。
美術の時間に書いたら怒られるような構図が次々と。
奥行きとかの概念が違うって本当だなーと改めて思いました。

あんなに衣装が派手な国なのに
絵は地味、というかすごい保存状態。
大して古くないのにシワシワで茶色なのです。
本当はもっと綺麗なのかな?

まーとにかくもう一度行ってきますから。
そこで待ってろよ樹花鳥獣図屏風。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://redbloodrapunzel.blog.fc2.com/tb.php/876-f0552ead
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。