--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.02.22

僕の妻はエイリアン


本を買っていない。
明らかに新刊購入の頻度が落ちてる…

それもこれも最寄の本屋が作家順に並べやがったからだ!
と前も書いたような気がします。
見づらいんだよ!!

そんな中ずっと気になっていた本をゲット。

僕の妻はエイリアン 「高機能自閉症」との不思議な結婚生活 
泉流星 新潮文庫

立ち読みしていて
文章が面白いなーと思っていたんです。
でも別にその病気に興味があるわけじゃないし
そうでないなら定価で買うのはちょっと…
と思っていたら 
なんと買ってくれるというのですかさず差し出した次第です。
やったぜ。

薄いので一気読み。
というより、とりあえず著者あとがきまでは一気に読むべきです。

アマゾンでは手厳しいレビューもありますが
私は素直にすごいなと思う。
これでは確かに「普通の生活」は大変だろうと。
カバーしてカバーして、それでも失敗することもあり
でもかといって諦めない。
この本では妻のことを「カイゼンの人」と表現していますが
改善もだけど 努力の人だよ〜

なかなか面白い本でした。
でも 真剣にこの問題で悩んでいる人は
読むのを後回しにしたほうがいいかも。
これを読んで「あ 自分もこうだ」
と思う部分は結構あって
でもだからと言って自分もこの障害? と思うのはどうかと思うんです。
普通の人にもあることだし
脳の問題ではなく単に性格が悪いだけかも?!なんて。
少なくとも私は自分に関してはそう思いました。
紙一重かな…

だから共生って難しいのかも。
エイリアンに擬態する他の種類もいるだろうし。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://redbloodrapunzel.blog.fc2.com/tb.php/846-8868b855
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。