--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.01.19

ブックカバー作ってみたら


もう 何から書けばいいのか…

仙台のロフトで、和雑貨売り場を発見。
ふと目を上げると見覚えのある桐箱。

!!!!BINGATAYAじゃんか!?

視線を下げると和紙にポストカード 
後ろを向けばブックカバー! なんだよあるじゃん!

これは 神が私にブックカバーをつけよと言っているとしか思えない

だって皇国を外で読むにはブックカバーがやっぱり欲しいよ!

市販のものでは大きさが合わない。
何かいい紙ないかなー と思ってたんですよ。
まさかこんな出会いがあるとは。

500円弱のサイズ一本で4冊分取れました。
素晴らしいぃ。。。
このしっとり感。フィット感。すっきり感。
な ナニコレ。もっとカバーしたい!
もっと早く知っていれば和紙集めまくってたかも知れない。

なくならないうちにもう少し買っておきます。

なんたることだ
カバーを付けない主義だったのに
宗旨替えしそうな気配漂う魔性の和紙です。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://redbloodrapunzel.blog.fc2.com/tb.php/817-b1d0d4b0
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。