--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.11.07

悪党芭蕉


血天井見たいと思ってるんですが。

それで血天井の話が載っているものなかったかなーと思い
司馬遼太郎の「関が原 下」を読み始めたが最後
抜けられません。
三成かわいすぎて切な過ぎる。

同時進行で「夏草の賦 下」も読んでいて
切なさ×2 一体私は何がしたいのだ…

単行本で出たときから欲しかった
「悪党芭蕉」が文庫になったので嬉しいです。

芭蕉さんのことはほとんど知りませんが
この本は面白く読めます。

小説ではないですが、事実?は小説より奇なり。
思ったより文庫になるのが早かった。
買いやすくなったのでオススメです。

聖人よりもこういうほうが好き。
日和の芭蕉さんの次に好きな芭蕉像です。

悪党芭蕉 嵐山光三郎 新潮文庫 540円(税込)

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://redbloodrapunzel.blog.fc2.com/tb.php/731-801ea5d7
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。