--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.07.21

江戸と明治の華


横っ面を張られた気分ですよ
「なめんな!!」みたいな ね。

地下鉄で見た広告「江戸と明治の華 −皇室侍医ベルツ博士の眼−」
気になって行ってきました。

こっちもドイツからの里帰りだー
こないだの(岩手県立美術館)も良かったから、こっちも見てみたーい
なんて軽い気持ちで行きましたよ正直なところ

割引券使ったから同じ値段

なに この 数の差…


ものは岩手県立美術館の方が好みでしたが
こっちは まさに目くるめく という表現がぴったり。

絵だけでなく工芸品の数々 その状態の良さ
う わー…

最後の河鍋暁斎の作品なんか面白すぎる。

お土産コーナーは
あまり面白いのはありませんでしたが
とりあえず家紋柄クリアファイルを購入。

客層の違いも衝撃的でした。
予想はしていたけれど、実際目の当たりにするとショック。
若い人が多い。やっぱりね。
親子連れはともかく、熱心にメモしてる人とかもいて
文化度の違いを見せ付けられた気分です。

この衝撃を胸に、もっと精進しようと思った次第です。


江戸と明治の華 −皇室侍医ベルツ博士の眼−
2008年7月18日(金)〜8月31日(日) 仙台市博物館
ちなみに明日はお休みです。基本的には月曜休館。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://redbloodrapunzel.blog.fc2.com/tb.php/653-94fdf80b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。