--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.07.16

次はこれ


13階段読み終えました。
思った以上に面白かった。
素直にすらすら読めたし、ラストの持っていき方も好み。
あんまり書くとネタバレ?

次はこれ。
誘拐 本田靖春 ちくま文庫 ¥ 840 (税込)

アマゾンより↓
東京オリンピックを翌年にひかえた1963年、
東京の下町・入谷で起きた幼児誘拐、
吉展ちゃん事件は、
警察の失態による犯人取逃がしと被害者の死亡によって世間の注目を集めた。
迷宮入りと思われながらも、
刑事たちの執念により結着を見た。
犯人を凶行に走らせた背景とは?
貧困と高度成長が交錯する都会の片隅に生きた人間の姿を描いた
ノンフィクションの最高傑作。
文藝春秋読者賞、講談社出版文化賞受賞。

実は時代がイマイチ分からん…
近すぎて遠い。

言葉も重く、読む速度は自然と落ちますが
これはちょっとじっくり読みたいかも。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://redbloodrapunzel.blog.fc2.com/tb.php/641-86f5940c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。