--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.07.11

井原西鶴です


昨日ファン・ジニと一緒に買ったもの。

新版 好色五人女 現代語訳付き 角川ソフィア文庫 ¥ 860 (税込)

ちょっと高かったけど読みやすそうだし。
現代語訳付き というか現代語ですよ?

まだ一話め、お夏のところしか読んでいないので
この本の仕組みを理解していないかも知れません。

アマゾンより↓
実際に起こった五つの恋愛事件をもとに、
封建的な江戸の世にありながら
本能の赴くままに命がけの恋をした、
お夏・おせん・おさん・お七・おまんの
五人の女の運命を正面から描いた、
『好色一代男』に続く西鶴の傑作。

面白いです。すいすい読める。

しかしアレだなー
若者たちは今も昔も変わりませんね。
短絡的というか。
親に勘当されて絶望して遊女と心中って…
自分が遊んでたのが悪いんだろっ
とツッコミを入れつつ読みます。

だから 今の若い人は〜とか言えなくなります。
変わらないもん。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://redbloodrapunzel.blog.fc2.com/tb.php/624-05b6c3aa
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。