--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.06.29

曹操残夢


お金ないとか言って
こないだ買った本。

曹操残夢―魏の曹一族 
陳 舜臣 中公文庫  ¥ 720 (税込)

文庫になってたんだ。

今までこの人のは読まないだろうと思って
ちょっと敬遠してました。

立ち読みして
曹植の雰囲気が気に入ったので購入。
父も兄貴もえらくあっさり死んでいきますが
感動的なのはもう色々読んでるので
丁度このくらいがいいかなと思います。
もっと入り込んで読めば
あっさりした中にも深いものが描かれているのかも…


気になることといえば
・・・さっきも言った(書いてた)よね?
と思うことがかなりあること。

例えば
曹操が曹植に
生きのびる術として「酒を飲んでいろ」と教えるシーンや
曹操の子桓に対する印象とか。
え さっきも書いてたような?
回想だとしても 
なにか他にエピソードないのかと思ってしまう…
連載モノだったからなんでしょうか

ちなみに 解説を書いているのは加藤徹さんです。
以前紹介した「漢文力」の筆者。
こちらも中公文庫で出てます。

漢詩が他の小説よりしっかり載っているので
買って後悔はしていません。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://redbloodrapunzel.blog.fc2.com/tb.php/604-2746ba8c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。