--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.10.13

関羽がお城を守っていると徐晃がきました


あーはっはっはっはっは!読んじまったぜちくしょう!おひさしぶりMです(お前いっつも久しぶりじゃねえかむしろ誰?の勢いだろ)(久しぶりなせいで脳内の突っ込みもながいなおい)

いやなんていうか理由があるんですよご無沙汰だった理由が
うちのツンデレとご無沙汰(何度も強調するな)だったワケが

週末にある英語検定というBabyとのDangerな逢瀬があるんだ小十郎!

すみません調子乗りましたこんな一般人わからないネタばっかりすみません・・あ、あのほんと悪いとおもってるんで親とか勘弁してくださいほんと悪いと思ってます・・ほんと小十郎って誰だってはなしっすよね・・反省してますから・・いやあの親だけはほんっと勘弁してください自分で罵っておきますからこのだめ人間が

最近、犯罪捜査番組ばかり見ていたせいで新しい謝罪スキルをげっちゅしました(うざい)


2級を受けます。あ、英検です(自分で何のことを言っていたか忘れた)
だからここ最近は本妻ツンデレのTemptationに抗い、週末のMysteriousな遊び相手との初体験に失敗しないようHow To本を読み漁っているのです。いや、「いた」のです


ここで最初の一文にもどります

読んじまった

How To本を読んでいても、なかなか頭に入らなくてちょっと息抜き・・なんてついエロ本に手を伸ばす人間です私は
そしてちら読みがまじ読みに発展するタイプです
「ちょっとだけよ・・」なんて通用しません


でも今回は、検定料金自分で払ってるだけあって一発で受かりたいという気持ちが当社比1.6倍くらいはあったので私なりに献策してみました
1巻から読み始めたら全部読みたくなるから最終巻の一つ前から読もうと、小賢しい策を弄してみました結果

失策でした(くずめ)





だめ。もーだめ

特に関羽が夢で回想する、桃園の宴

ここで桃園をもってくるのかゴンタ氏

全米を泣かす気かゴンタ氏

若かりしころの劉備、張飛との思い出

笑っている現在の関羽




歴史モノって本当に重い
前も書いたけれど、悲しいのは結末を知っていること

人の感情や思い入れ、そのときの想い、行動
そういうのは、(特に三国志は「演義」と「正史」があるから)誇張されたり面白くするために変化したりしているけど


戦の勝敗と人の死期は絶対に変わらない


前述に変更されたりしているかもしれないって書いてあれだけど、劉備と関羽、張飛の絆は、正史や演義でもいい足りないくらい強かったと思います
そう思う理由はたくさんあるけど列挙する元気が今はないのでやめておきます



ひとりでしんだかんうは最期何を思ったのかなあ

北方三国志のように劉備を思って、帰還を望んで散ったのかなあ
今回の画像の蒼天航路のように満足だったのかなあ


どちらだったにせよ
劉備の関羽死後の行動や蜀の終末まで「知っている」私にとっては最終巻に続く今回の巻はいろいろ考えすぎて泣けてくるわかなしくなるわ感情揺らぎすぎて頭痛くなるわ気が付けば夜1時すぎてるわ英語やってないわ


これは関羽に責任をとってもらうしかあるまいぼくと結婚してください(えー)

・・無理にテンションあげようと思ったら逆に下がった気がする・・

嗚呼、関さーん・・



馬鹿なこと考えてないで(まったくだ)英語しよう
本番で失敗しないように(まだ言うか)



えーと

When he suddenly tried to kiss her,she slapped him.

彼が突然彼女にキスしようとすると、彼女は彼に平手打ちをした


・・あの、創作じゃありませんから
アルク出版の「キクタン」に載ってますから
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://redbloodrapunzel.blog.fc2.com/tb.php/206-a059319b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。