--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.10.04

秘密結社ってことしか合ってない


これを読みたいんです。

あやつられた龍馬―明治維新と英国諜報部、そしてフリーメーソン
加治将一 祥伝社 1995円

図書館にはなかった。

アマゾンによると

維新の英雄を動かした「黒幕」の正体とは!
<フリーメーソンは「歴史の裏側」にいつも潜んでいる>
アメリカ独立戦争(1775年)、フランス革命(1789年)、世界の二大革命の指導者層には、圧倒的多数のフリーメーソン・メンバーが座っていた。ワシントン、フランクリン、オルレアン公……。 さらに同時代に活躍したゲーテ、ハイドン、モーツァルト、いずれもメンバーである。「世界最大の秘密結社」と呼ばれるフリーメーソンは、「自由」「平等」「博愛」の基本理念を掲げ、革命を推進した。そして彼らの手は、ようやく幕末の日本にたどり着いた??。
龍馬をあやつった陰の「力」とは、そしてなぜ彼は暗殺されたのか!?

という内容らしいです。
いろんな謎解きがあるそうな。
私が読むにはまだ知識レベルが足りないような気もしますが
いやー面白そう〜

和製「ダ・ヴィンチ コード」と言われているようですが
それだけがちょっと不安。
そう言われてるのって大抵ダメなんだもの。

そんなこと考えないで読むのがいいかなと思います。


本屋でMさんにうろ覚えの題名と内容を説明しようとして

「一浪人の竜馬があれだけ動けたのはー
えーとえーと、あれよ、秘密結社みたいなのが関係してるっていう内容。
あれ、なんていうんだっけ・・KKK?」

KKKがどうして竜馬を動かすんですかね。


スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://redbloodrapunzel.blog.fc2.com/tb.php/186-945fb50f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。