--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.06.12

魔性の女 挿絵展

わたくし 破滅的に体力ないので、すべての行程が「わたしの体力」を基準に考えています。
もちろん次の日仕事であるということも考慮に入れ。
だから常に旅行のテーマは「いかに無理しないか」 です!
どうせだめ人間です!

朝、無理のない程度の時間の新幹線で上野まで。

仙台で今回クラフトフェア初体験の方と合流。
わくわくです♪

まず行ったのは「弥生美術館」。

「魔性の女」挿絵(イラストレーション)展
-大正~昭和初期の文学に登場した妖艶な悪女たち-

が見たい~!
以下HPからそのまま・・・

明治末から、大正、昭和初期にかけて日本の文学に登場した「魔性(ましょう)の女」を、
当時のイラストレーションによって紹介します。
泉鏡花「高野聖」の女、谷崎潤一郎「痴人の愛」のナオミ、
江戸川乱歩「黒蜥蜴」(くろとかげ)の緑川夫人など、
官能的な魅力によって男性を支配し、ついには破滅させる、
あるいは美の追求のためなら殺人をも厭(いと)わないという「怖い魅力」を秘めたヒロインに、
我々は強く惹きつけられます。
時には、優しく善良なヒロインよりも強烈な魅力を感じさせられることもあるでしょう。
現在では目にする機会の少ない、彼女たちの当時の絵姿を、
ストーリーとともに紹介し、耽美・幻想の文学世界を楽しんでいただきます。

まず時代が好み。
小さい美術館ですが、内容はとっても濃かったです。

髪が長くて はかなげで 色が白くて 線が細い女性。
それでいて自分の世界を持っている女性。若干間違っていても。

まあ そんな外見だけに寄ってくる男性はだいたい中身見てませんから。
痛い目にあっても仕方ないと思うけどね~

でも女性の色気っていうのはそういうところにあると思うのよねん。
というか、自分なりに「理想の女性像」というのがあって、

それが小村雪岱の描く女性だったり、
c0201763_2154162_convert_20130612201850.jpg

ウォーターハウスの人魚だったり、
JW繧ヲ繧ゥ+1_convert_20130612202105

ミュシャのJOBだったりするわけです。
繝溘Η繧キ+1_convert_20130612202127

ミュシャは魔性の女展にはありませんが・・・

橘小夢の絵は惹かれるものがありますね~

img_0341.jpg

3eedb96a01361612a4301a5583b6e08d_convert_20130612203003.jpg

でも Mさんも太鼓判の魔性の女はこの方です。

10033739a_convert_20130612203650.jpg

フィギュア欲しい~!!!

こうして並べると 自分の好みがダダ漏れで恥ずかしいな・・・




スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://redbloodrapunzel.blog.fc2.com/tb.php/1255-b7572f5c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。