--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.05.11

南蛮もちー!

南蛮もち ってご存知でしょうか。

江刺の一部地域の郷土料理なんだそうです。

名前からすると 辛い もち って感じでしょうか。

それが汁物なんですねー

しょうゆベースのお雑煮の辛いものを想像していただければ。

私この南蛮もちが好きで、ずっと作ってみたかったんです。
だって材料は別にその辺で買えるもの(失礼)だし、
でもこのピリ辛な感じはただ唐辛子ぶっこんだだけなのか 炒めているのか・・・

ということでれっつ調理。

とりあえずしょうゆ味のお雑煮風汁を作ります。

材料は 今回は
大根 人参 ごぼう 油揚げ 長ネギ 戻した干ししいたけ 鶏肉 切り餅 唐辛子。

野菜と油揚げ、鶏肉はちょっと大きめのさいの目切り。
しいたけは戻しておく。

唐辛子は今回は房タイプだったので、適当にちぎって種を取り出しておく。

なべにごま油を適当にひき、唐辛子投入、火にかけ、なんとなく辛みを出す。

鶏肉投入!炒まったら野菜投入!

すべてにいい感じに火が通ったら、水を適当に投入!

あくを取り、酒 砂糖 しょうゆ つゆ 等で適当に好みのおしょうゆ汁味に味付け。

油揚げ、長ネギ投入 干ししいたけを戻し汁ごと投入!

味を見て 辛みが足りなければまたちぎった唐辛子を投入!

切り餅をちょい小さめに切り、投入!

もちに火が通って浮いてきたら出来上がり。

IMAG0147_convert_20130511181053.jpg

ひっつみよりも簡単。
この作り方、合っているかはワカリマセン!
でも大体理想の味になりました。

なにより、つゆや具材がまんべんなくピリ辛っていうのが美味しい。
一味や七味を加えたお雑煮とも違う、既にもう全体的に辛いんです。

まあね、お雑煮って 「炒める」工程ないじゃん と言ってしまえばそれまでなんですが。
ただ材料ぶっこんで、辛くなかったら失敗じゃん と思って炒めました。

たぶん4人分くらいの量に、唐辛子3本使いました。

で 唐辛子も食べちゃいました。大丈夫です。

汁が余ったら雑炊にしよう。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://redbloodrapunzel.blog.fc2.com/tb.php/1253-3be39bff
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。