--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.05.05

がんばるSF

歴史モノを読みまくったのは二年前ですか…?

今もたまに読みますが、それより興味があるのはSF。
SF脳になりたいぜ。

何をもってSFというかは人それぞれというか定義それぞれですが
とりあえず古典からだろということで これ。

スローターハウス5 (ハヤカワ文庫 SF 302)スローターハウス5 (ハヤカワ文庫 SF 302)
(1978/12)
カート・ヴォネガット・ジュニア

商品詳細を見る


ああ しっかりSFって書いてある。よかったよかった。

本当は「タイタンの妖女」を読むつもりだったんですが
アマゾンのレビューを読むと こちらを先に読んだ方がいいとのこと。
今日買ってきたばかりなので、まだ全部読んではいませんが
これならけっこういけるかも。

SFって食わず嫌いというか なんとなく敬遠してたんですが
これが分かればまた一つ世界が広がるはずなんで
こつこつ読んでいきたいと思います。

しかしこの表紙(これに限らずSFモノ)
どうしても「ヒトムカシマエ」感が漂うと思うのは私の偏見でしょうか。
無論どこぞの文庫のように漫画家に書いてもらいたいとは思いませんが
珍しくブックカバーかけたいと思ってしまった…
Mさんにも「これは・・・(ナニコレ)」と言われたし。



あ 歴史モノで思い出しましたが これ面白かったです。

池田屋事件の研究 (講談社現代新書)池田屋事件の研究 (講談社現代新書)
(2011/11/18)
中村 武生

商品詳細を見る


北添が他の本より多く書かれていたのが良かった。

しかしFC2ブログは本情報貼りやすくて使いやすいわー
ついつい使ってしまいます。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://redbloodrapunzel.blog.fc2.com/tb.php/1211-57d5cfac
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。