--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.09.07

せめて本だけでも

4年前?ラフォーレ原宿での展覧会に行ったのは。

行きたかったよー!!
今年も来たのにっ!! お金がないばっかりに!!
ちょうどいい安い切符がないのもなんか悔しい。

ヤン&エヴァ シュヴァンクマイエル展 〜映画とその周辺〜

チェコのシュルレアリストで、コラージュ作品などが有名です。
エヴァというのは奥さんです。幸せな夫婦だと思う。

まーはっきり言えばキモチワルイと形容されるんじゃないですかね。
骨とか毛とか使うし、お国から見てもそんなに明るい感じではないです。

でも好きなんだっ
何で知ったのかは忘れました。
前の記事に書いたかな?

アリスも作ってます。
このウサギのかわいくないことこの上ない。
うわっと思ったらその瞬間に見るのやめた方がいいです。

シュヴァンクマイエルのアリス 02


なんでお金ないかというと
愛用のウォークマンのデータがぶっ飛んで
怖くなって新しいの買ってしまったからです。

そんなわけで4年ぶりの再会のチャンスも露と消えてしまったわけですが
その悔しい思いを本屋でぶつけてきました。



買っちゃった☆

2,800円。内容からすると安いと思います。

アマゾンより↓
「耳なし芳一のはなし」「ろくろ首」「雪おんな」…
日本人にとってあまりにも馴染みの深い
ラフカディオ・ハーンの名作『怪談』(平井呈一訳)の装画を、
チェコの映画監督・造形作家ヤン・シュヴァンクマイエルが描く
描きおろしオールカラー二十二点で贈る、一世紀を越えて実現した夢の企画!

物語一つ一つがあまり長くないので読みやすいです。
シュヴァンクマイエルのコラージュは
物語通りの絵ではないんですが なぜか雰囲気に合っている。
うわー超気に入りました!!

こちらはあまりキモチワルくないので
もし本屋さんで見かけたらお手に取ってみてください。
絵本サイズ?ちょっと大きめです。

表紙の絵も パッと見「顔」が印象的ですが
よく見るとヒト型です。

次回は絶対行く!!専用貯金しなきゃ!!
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://redbloodrapunzel.blog.fc2.com/tb.php/1182-74be8a77
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。