--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.11.29

大河終わっちゃった

龍馬伝、終わっちゃいましたねー
功名が辻の時はあんなに話題にしてたのに
しっかり見ていた割には全然触れなかった。

プロフィールにも書いてあるとおり
私Aは幕末が好きです。よって今回の大河もきちんと見ました。

賛否両論ありますが
私は今回の大河は好きです。
香川照之が好きだから。
だから坂の上の雲だって見るのさ。


龍馬伝の主人公は龍馬と弥太郎。
弥太郎が可愛すぎて可愛すぎて。
「おまんがこの世で一番嫌いじゃ!!」が「大好きだ!!」に聞こえる。
ぶら下がった両面鏡のような 裏表と逆転する感情が 上手いなーと思いました。
それが最後の「大事な人なんじゃ…」に繋がるのかな。

弥太郎最期のシーンは滑稽さが逆に泣けるというか。
一瞬ぎょっとしましたが あの毒々しさが寂しさを感じさせます。
埃まみれの鳥かご売りから三菱財閥創設まで成り上がった男の死。
いい表現だったと思います。

暗殺シーンのテロップについては まあ 仕方ないよね。
こんな風に知られてしまった愛媛県知事さんもちょっとかわいそう。

十津川郷士〜ではなかったのは、その地域の方に配慮したんでしょうか。


後藤象二郎の「妬ましかった」や
岩崎弥太郎の「おまんがいると自分がちっぽけに見える」
は 見ていて気持ちがよかった。はっきり表現する潔さが好きです。

ドラマや小説というのは、史実をなぞるものではないと思います。
いかにその人が善であれ悪であれ 
魅力的であったかを伝えるものではないかと。
その一つの表現に過ぎないと思う。
でもお元のところはいらなかったのでは…

暗殺その後が描かれていない という感想もありましたねー
キャストが良かったので、確かにその後についても見たかったかも。
でもなー 良かったキャストはみんな死んでるし…
微妙です。ダイジェストでキャラなしでならいいかな。


とりあえずまた土曜日 見れたら見ます。
たぶんテロップも流れないと思うし。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://redbloodrapunzel.blog.fc2.com/tb.php/1125-7035f35a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。