--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.08.03

浪漫図案


千葉から帰ってきて やっぱり疲れているのね
本屋で気がついたら6,000円も支払っていました。
うち4,000円は商品券と図書カード、1,000円は母の雑誌代ですけどね。
それでまた500円券が出たし。

衝動買いした一冊。
これ オールカラーなんですっ

浪漫図案 明治・大正・昭和の商業デザイン  佐野 宏明 光村推古書院

アマゾンから↓
明治・大正・昭和初期のラベル・パッケージの図案集。
約1300点の図案を収集し、時代の流れがわかるとともに、
豊富な図案は見るだけでも楽しい。
明治維新、文明開化、欧化主義、殖産興業、国粋主義、
大正デモクラシー、大正ロマン、昭和モダンとめまぐるしく変化する時代背景の中、
西洋から怒涛の如く流れ込んできた西洋文化と日本の伝統文化とが、
ある時は反発しながら、ある時は融合しながら、
独特の折衷文化を築いてきた。
その時代の活気あふれる文化の変遷を一目で俯瞰するのは困難ではあるが、
商業活動にかかわる創作物から、
時代の雰囲気を強く感じ取る事ができるのではないだろうか。

ナナメ読みしても萌え単語が並んでいると思うのは
絶対私だけじゃないはず。

やはり粉白粉のデザインはかわいいです。
以前資生堂の資料館に行ったとき(小村雪岱の香水瓶買った所)に
見たようなものがたくさん。

個人的には薬のパッケージが好き。
蚊取り線香とか猫イラズがかわいいなぁ。

個人で集められたもののようです。
1960年生まれならまだお若いのでは。
カラーで 図案ばかりに目が行きがちですが
実は文章がしっかりしています。
説明がとっても分かりやすいです。

書店で見かけたらぜひ見てみて欲しい。
ちなみにアマゾンでは「一時的に在庫なし」だそうです。

レトロデザイン系の本はたくさん出ています。
オトメな感じでまとめたものなど 
空白の多い おもちゃのような本を買うのもいいですが
がっつり情報のあるこういうのもいいと思います。
大きめの本なので 細かいところも分かるし。
2,940円は高くないですよ。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://redbloodrapunzel.blog.fc2.com/tb.php/1095-5bf7a949
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。