--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.11.29

ANA×ローソン


司馬遼太郎記念館のあとは大阪城に行きましたが
ちょっとその前に休憩。

こちらは制服フィギュアです。
帰りの飛行機の情報誌で知って
コンビニに寄って買ってみました。

本当は違うのが欲しかったんですが…

映画の宣伝なのか。今知りました。

これはローソンで購入することが出来ます。
11月11日から限定で発売されたんだとか。
他にもちょっと欲しいな。

選んで買えるのでガチャポンより安全だし。
かわいいでしょ。

でもMさんの家に置いてきちゃった。
またあの部屋に人形系が増えていく。
スポンサーサイト
Posted at 20:52 | 日常談義 | COM(0) | TB(0) |
2008.11.28

文春文庫にはオリジナル帯


文春文庫には専用の帯が。

えんじ色で、記念館の写真が入っています。

記念になってとてもいいです。
買ってない文庫があってよかった。
Posted at 16:25 | 日常談義 | COM(0) | TB(0) |
2008.11.28

専用ブックカバー


堪能して書架の出口を抜けると
わかってるんだな〜
司馬遼太郎の本を売るコーナーがあります。

その近くにはちょっとお茶が出来るカフェ。

結局ここではずっと本の前にいた感じがする。

専用のブックカバーつけてくれるっていうんだから
買わないわけないじゃん。

迷いに迷って選んだのは
古いタイプの「夏草の賦」(大きい方)と
「以下、無用のことながら」(小さい方)。

よって夏草の賦は3冊あることになってしまいました。
今回買ったのは上下巻に分かれていない。
書体が古い。もう買うしかない。

普段どんな本を買っても
ブックカバーはつけてもらわないんですが
ここのはブックカバーが欲しい。
紙ですけど ね。

だから大事にしようと思います。

Posted at 16:20 | 日常談義 | COM(0) | TB(0) |
2008.11.28

濃紺のパンフレット


パンフと入場券。
大体がこの雰囲気で統一されています。

Posted at 16:10 | 日常談義 | COM(0) | TB(0) |
2008.11.28

来てよかった


券売機で入場券を買い
順路に沿って歩きます。

人の家に入っていくような感じ。
雑木林のような庭を歩いていくと、雑誌で見たあの部屋だ!

長椅子がある、司馬遼太郎の書斎が見えます。
いよいよ来たのね・・・

木立の中を抜け
ガラス回廊を通り記念館へ。

入って左側にすごい量の本。
ほ ほんものだよう。。。

これが 軽トラックで運んだという蔵書・・・
大書架には圧倒されます。
司馬遼太郎の初版本がきれいに並べられていますが
そのほかの司馬遼自身の蔵書が だーっと縦横無尽に並んでいる。

二万冊以上あるそうです。
なにそれ。
吹き抜けの書架でこんなにきれいってすごい。

しかも!臭くない!

あの古本独特のいやなにおいがない!
ましてこの日は雨です。雨の日の古本屋はきっついのに
全然臭くない。どういうことだ・・・

ここになら一日居れる。
奥の天井には坂本竜馬の顔の染みが。
おおこれが。確かにそう見える。

顔がゆるみっぱなしでした。
楽しすぎる。
至福とはこのことです。

写真で 見えるかなー
右側が大書架です。
左がガラス回廊。

大書架のほうは
壁の細かいところが全部本です。



Posted at 16:06 | 日常談義 | COM(0) | TB(0) |
2008.11.28

司馬遼太郎記念館


最終日、日曜日の朝は雨。
しかも結構降っている。
かなり立派なビニ傘をコンビニで買い、行っくよー!!

いざ!!司馬遼太郎記念館へ!!

八戸ノ里までは電車で向かいます。

八戸ノ里駅からは道が分からないし足痛いのでタクシー。
タクシーが止まったところは え ここ?

人の家の前じゃない・・・
たしかになんだか人が立ってるけど

と思ったらそこでした。

ついに着いたのねわたし!
Posted at 15:50 | 日常談義 | COM(0) | TB(0) |
2008.11.28

夫婦善哉


この日の夕食会は鉄板焼きのお店でした。

もちろんお好み焼きもいただきました。

帰りに夫婦善哉のお店へ。

飲み屋の路地に水かけ不動のある法善寺。
その隣に夫婦善哉のお店はあります。

「夫婦善哉」の話はぼやっとしか知らないし
立て札を読んでもぴんとこなかったんですが

善哉は美味しかった。
量もちょうどいいし。
さらっとしています。これは お汁粉ではないのね。

しかしこれを真正面から撮影するのは
私のゆがんだ神経ではちょっと出来なかったので
せめて斜めから と撮ってみました。
あんまり意味ないかな・・・

後日デジカメの写真を見たら
真正面から撮ってある写真がありました。

Posted at 15:30 | 日常談義 | COM(0) | TB(0) |
2008.11.28

くいだおれ


これがうわさの くいだおれ

ほら奥に電気の消えている看板が見えますでしょう。
これは私のタイミングではなく
実際に消えているのです。
Posted at 15:17 | 日常談義 | COM(0) | TB(0) |
2008.11.28

そして大阪へ


清水寺の帰り道、途中でタクシーをひろい京都駅へ。

向かう途中で「幽霊子育飴」の文字発見!

あああ欲しい〜・・・  でも飴買ったしな・・・
と逡巡している間に通り過ぎてしまいました。
味は普通の飴らしいのですが、パッケージがいいし
お土産とかにもらったら私は超嬉しい。

またの機会かぁ。

京都駅から大阪へ向かいます。

大阪は なんかファッションが違うな・・・
つーかみんな厚着で 寒いの?
私たちはカットソー一枚とかなのに、地元の人はダウンコート着てる。

ホテルに荷物置いてだらだらしていると
18年ぶりに会う、昔お世話になったご家族と待ち合わせの時間に。

懐かしの対面を済ませ、みんなで食事をするお店までぶらぶら。
というかちゃんとコースを作っていただいていたようで
大阪の見るべきところをきちんとまわることが出来ました。

なのでこれがグリコマン。
電気消えてるのは私のタイミングが悪かったせいです。
Posted at 15:15 | 日常談義 | COM(0) | TB(0) |
2008.11.28

京都のイノダコーヒー


清水寺の写真は 携帯にはないのです。
私がへろへろだったためデジカメにお任せしております。

紅葉もよかったです。
デジカメの写真は光の入り方のためか
ものすごく紅葉しているように見えてとてもよい仕上がりに。
夕暮れの中散策しているように見える写真になっていました。
実際はまだまだ明るかったんですけど。

清水の舞台を見上げながら
イノダコーヒーへ急ぎます。
も もう限界…

三年坂を少し戻り、よーじや近くのイノダコーヒーへ。

仙台のいろは通りにもありますが、京都が本場。
せっかくあるんだから行かねば!

そしてせっかくなので抹茶パフェ!
美味しかったです。
抹茶アイスがこれでもかというくらい入っていましたが
全部食べられました。

三年坂のイノダコーヒーとよーじやは本当に近くて
中庭を共有しているような形なので
私たちが休憩している間に母はよーじやで買い物。
このつくり上手いなぁ。

食べ終えた後、
入り口にある売店でコーヒーなどを物色。

そんなに高くないんだ〜とうろうろしていると

男性が大急ぎで店内に入ってきて売店を一瞥し
店員さんに「こっ ココアないのんかっ?!」と確認。
「ございますよ〜」と案内されてあわてて5缶くらい買っていました。

それを見ていた父。
「・・・買ってみるか」とおもむろにかごのなかへ。
それ作るの私なんじゃ・・・

でもイノダコーヒーのココア、本当に美味い。
不純物が入っていないからか、
鍋にこびりつかない。

ココアに同量の砂糖を加えて少量の牛乳でつやが出るまで練り上げ
火にかけながら牛乳でのばすという
大層面倒な作り方ですが
これは美味いわ。しかも鍋に残らないから洗いやすい!
もうスーパーや自販機のココアには戻れませんね。

あの男性の気持ちもわかる気がする。


Posted at 14:58 | 日常談義 | COM(0) | TB(0) |
2008.11.28

あも切ってみた


あもの中。

周りがあんこで、白いのがぎゅうひです。
ぎゅうひ大好き。
もちとも違う儚さが美味い!

帰ってきてから見たテレビで紹介されてました。
その時は東京のでデパ地下で売ってましたが…

ぱっと見あんこ多いなーと思ったんですが
あまり甘ったるくないのですいすい食べられる。
一口目より二口目、三口目が美味しい。
これは買いです。

こういうお菓子はたいてい我が家では余ってしまうんですが
これは開けてからすぐなくなりました。
Posted at 14:31 | 日常談義 | COM(0) | TB(0) |
2008.11.28

あも


昨日Yahoo!ニュースに載ってた、
「目覚ましが鳴る前に目が覚めるのは過緊張」というもの。
・・・よけいなお世話ですのよ。


清水まで上る間に両親とはぐれ
Mさんととことこ(うろうろ)歩いてやっと到着。
足が痛すぎて眉間のシワが取れない。

清水寺の入り口で合流したらこんなものを母が持っていました。
途中で買ったらしい。

あも。



Posted at 14:27 | 日常談義 | COM(0) | TB(0) |
2008.11.27

二年坂まるん


二年坂のあめやさん。

あめはどこにでもあるんですけど…
なんか可愛いなあ と思って。

瓶なんですよね

買ったときは良かったけど
持ち歩くのに超重い!

瓶2つはきつかった。
Mさんはこんぺいとうを買っていました。

帰ってから食べてみると
これ美味い!

たとえるなら
わたあめのちょっと固まったところのような素朴な甘さ
しかもそれぞれ味が違う。
こういう味大好き。
他にはあまりないなぁ。

基本的に栄養のないお菓子が好きで
ミンツとかラムネみたいなのが好きなんですが
飴も好き。

Mさんはサイダー飴を絶賛してました。
通販してないのか というくらい。
私も欲しいです。

なくなったら問い合わせしてみようかしら。
Posted at 22:03 | 日常談義 | COM(0) | TB(0) |
2008.11.26

よーじやフェイスパウダー


で、こちらのフェイスパウダーが異様に良い。

今まで色々試したんですが
これが一番いい。

べたっと着かないしダマにならないし
ちょっとピンク色のを選んだので
気持ち血色も良く見えます。
私は普段チークをしないので、これは本当に嬉しい。
自分にしかわからない違いかも知れませんが…

これはリピートしたいと思います。
出来ればもう少しいい容器にして欲しい。あけにくい。

通販も出来ます。
嬉しい限りです。
Posted at 21:21 | 日常談義 | COM(0) | TB(0) |
2008.11.26

よーじや!


イノダコーヒーの近くによーじや発見。
これは行っておかないと!

紙せっけんやフェイスパウダー、口紅などを購入。
あぶらとりがみはさっき買ったのでいいや…

でも 買っておけばよかったかな と後悔しています。
Posted at 21:17 | 日常談義 | COM(0) | TB(0) |
2008.11.26

三年坂って楽しい


テンションはすごくあがったんんですが
もう足が限界に…

今までで一番怖い山くだりでした。
だって階段が下に向かって傾いている上にがたがただし
足が腫れ上がってて もうこれ 私の足じゃない みたいな状態で
しかも転んだら岩に頭打ちながら一直線に落下できるぜ
という環境で怖がるなという方が無理です。

本当に スニーカーがオススメです。

神社まで下り、軍鶏鍋を頂きました。
あっちの味は甘いのね〜
と思っていたら鍋に砂糖(1kgサイズ)をどばどば入れているのを目撃。
そりゃ甘いぜ。
でも美味しかったです。


坂を途中まで降りると
三年坂へ入れます。

もう足が痛いので高台寺は諦めて清水に。
三年坂は面白そうなお店がいっぱい。
しかし土曜日だったため人出もすごい。

結局両親とは途中ではぐれてMさんとうろうろしました。

これは夢二の雑貨を売っているところで購入のあぶらとりがみ。
もっとゆっくり見たかったのに
揚げもち冷めちゃうから!と急かされてこれだけ購入。
夢二の椿は素敵。
美人画はよくわからないけど…

Posted at 21:09 | 日常談義 | COM(0) | TB(0) |
2008.11.26

木戸孝允のお墓


偉くなってしまった という感じがするお墓。
なんか不本意だったんじゃないかな。

幾松のお墓は隣で一歩下がったところにあります。


Posted at 20:53 | 日常談義 | COM(0) | TB(0) |
2008.11.26

坂本龍馬・中岡慎太郎のお墓


やっとお墓まで。

墓前にはお酒やお線香が。
道なりに置いてある石盤には
幕末の志士たちへのメッセージが書かれていました。

一人ずつ墓前に立つので
こりゃ時間かかるわけだ。

しかも結構真剣に拝んでいるので
にわかファンじゃないんだろうなー

二人の墓の後ろにはいわゆる幕末の志士たちのお墓が。
天誅組のお墓もありました。
でも こちらには線香の一本もなし。
そっけないもんです。

普通のお墓よりも細い。
量が必要だからかしら…
だいぶ年月も経っているようなので
ちょっと傾いているものもある。

それを眺めながら歩いて(登って)いくと
桂小五郎と幾松(木戸孝允と松)の墓があります。
こちらはなんとかお供えもある。

幕末の志士達とはちょっと離れたところにありました。

Posted at 20:49 | 日常談義 | COM(0) | TB(0) |
2008.11.26

増える参拝者


す す ま なーい!!


並ぶ人はどんどん増えているが
前はほとんど進まない。

20分は並んだかなぁ。


Posted at 20:35 | 日常談義 | COM(0) | TB(0) |
2008.11.26

お墓までの道のり


お墓お墓と階段を上る(ここは登ってばかり坂ばかり)と
すぐに立ち止まることに。

まさかこれ 並んでる…?
Posted at 20:32 | 日常談義 | COM(0) | TB(0) |
2008.11.26

入場券・裏


今気づいたんですが、裏が名刺になってる。

あれー財布に知らない人の名刺が入ってると思ったら
坂本龍馬と中岡慎太郎でした。

HPまで載ってるし…
Posted at 20:28 | 日常談義 | COM(0) | TB(0) |
2008.11.26

入場券


けっこうな坂を足の痛さも忘れて上ると
左手に霊山歴史館、右手に護国神社。
神社ではよさこい踊りが行われていました。

とりあえずお墓行かないと!
と入場券を買いに並ぶと
「どちらになさいますか?」と聞かれました。

ええと 龍馬2枚に中岡1枚でお願いします。
Posted at 20:26 | 日常談義 | COM(0) | TB(0) |
2008.11.26

龍馬祭


じゃ、縁もうまいこと結んだということで
高台寺にいきますかねー おねねさまー と思ったら

なんだかこれは… 祭りじゃね?!

高台寺の前にこれ 行っとかないと!

Posted at 20:18 | 日常談義 | COM(0) | TB(0) |
2008.11.25

安井金比羅宮

今度はすいません、写真はないんです。
真剣すぎて写真なんか撮ってられませんでした。
安井金比羅宮。
建仁寺から歩いてすぐです。

ここは縁切り縁結び神社。
お札だらけの石をくぐることで
悪縁を祓い良縁を結ぶと言われています。

風塵雷神に会えなかったショックでぼーっとしていたため
石をくぐる前にお札を石に貼ってしまい あれ?
いいのかな…

修学旅行と思われる女子高生達は良縁悪縁逆にくぐってました。

悪縁を切ってから良縁を結ぶため、順序というか向きがあるんです。

他の人が書いたお札を見ると面白い。
「今の人と別れて 新しいいい人と結婚できますように」
とか。ずいぶんストレートな物言いでよかったです。

私はもっと範囲を広く取りたかったので ただ
「悪縁を切り、良縁が結ばれますように」と書きました。
本当に心底そう思います。

その後おみくじを引いたら
これ以上言えないってくらいの褒め方の大吉でした。
まさに接待おみくじみたいな。

くぐって満足したのでお守りは買いませんでしたが
今思うとダメ押しに買っておけばよかったかな。
Posted at 21:01 | 日常談義 | COM(0) | TB(0) |
2008.11.25

風塵雷神には会えず


次はこちらも超楽しみにしていた建仁寺。
三十三間堂の隣に並んだタクシーに乗って行きました。

本当はその間に方広寺に行きたかったんですが
時間的にパス!仕方ない!うわあん…

しかし、建仁寺に行く途中右手に耳塚をみることが出来たので
よしっ!!

建仁寺に着くとなにやら嫌な予感。
なんか入り口に人が立ってる・・・ え 法要中 て 何?

「すいません、今は風塵雷神見れないんですよ〜」

ええええええああああうそー!!!

「龍なら見れます」 えーっちゅうねん!

風塵雷神が見たかったのにィい

「一時間くらいお待ちいただければ…」
待てるかって

しょんぼりしながら龍を見て次。

ああ見たかった。
確かにHPに法要の時もありますとはあったけど
自分が行くときにあたるとは思わなかったもん。
Posted at 20:43 | 日常談義 | COM(0) | TB(0) |
2008.11.25

感動養源院


東福寺の次に行ったのが養源院。
絶対行きたかった。

養源院は三十三間堂の道路挟んで隣です。
バスで行ったので着いたのは京都国立博物館前。
その日は通常の展示が無料開放されていたので
とりあえず中へ。
すごいすごい!
綺麗な建物でした。
メインで感動した建物のほうは特別展なので入れませんでしたが
外観だけでも素晴らしい!

はしゃぎすぎて博物館の写真はデジカメにしかないので
写真はパスします。

ということで養源院へ。

おばあちゃまに案内されて
鶯張廊下を歩き部屋を廻ります。
ずっと見たかった俵屋宗達の絵を見ました。
杉戸絵すごい…

そして おお…と思ったのが
おばあちゃまが長い棒を持って天井を指しながら
「こちらが鳥居元忠さまの頭 肩から手、足でございます」

そう、生々しさで一番と言われる血天井。
これは一見の価値ありです。

というかですね、養源院は見所だらけです。
拝観料を納めるときに俵屋宗達の杉戸絵のポストカードがもらえるし
ひっそりとしていて雰囲気がいいし
なにより浅井長政様のお寺ですから歴史が面白い。
壮絶な血天井も見ることが出来ます。
お隣より面白いと思います。
三十三間堂に行くときはこちらも是非。

タクシーが並んでいる道路の反対側ですから!
全部見るのにちょっと時間がかかるけど、オススメです。


Posted at 20:27 | 日常談義 | COM(0) | TB(0) |
2008.11.24

東福寺


二日目の初寺は東福寺。
紅葉で有名な東福寺、小さな駅がすごく混雑していました。

駅からは結構歩きます。
かといってタクシー使ってる人もいないし
仕方ないので歩く。

晴れていたので暑かったです。
コートいらない…

紅葉は部分部分でしたが
きれいに色づいているところもあり、よかったです。
市松模様の庭もきれいでした。

Posted at 18:30 | 日常談義 | COM(0) | TB(0) |
2008.11.24

坂本竜馬・中岡慎太郎遭難跡


もっとも見つけづらかったのがこちら。
ほんとにパチンコ屋の近くでした。

実際の場所はこの石碑のちょうど真上くらいだそうです。
感慨深い。

つーか 本当に残さないんですねぇ・・・
石碑あるだけましか というほどそっけない。
Posted at 18:26 | 日常談義 | COM(0) | TB(0) |
2008.11.24

坂本竜馬寓居跡


酢屋の影に石碑。

坂本竜馬寓居跡。

これを見ていたカップル?が
「近江屋じゃないのか」と言っていました。
おしい。

明るくてちゃんと残っているのはここくらい。
木屋町の幕末ポイントは大抵が石碑のみ。
だもんで写真が石碑だらけになるのも仕方ないですよね。


Posted at 18:19 | 日常談義 | COM(0) | TB(0) |
2008.11.24

酢屋


おなじみ酢屋です。

行ったのは夜だったため、ギャラリーは終わっていましたが
お店はまだやっていました。

中では木で作られた雑貨が販売されていました。
Posted at 18:16 | 日常談義 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。